りょうご園は、医療法に基づく病院と、福祉施設(児童福祉法に基づく医療型障害児入所施設・障害者総合支援法に基づく療養介護事業所)の2つの機能を持っています。


りょうご園には、他病院、市の乳幼児検診などからの紹介で受診されるお子さんが多くいらっしゃいます。
特に当園は、外来機能と合わせて、脳性麻痺、筋ジストロフィー症、ペルテスなどの疾患があるお子さんが集中的にリハビリテーションを受けるための入院機能 をそなえています。
整形外科、または小児科が主治医となり、障害に応じて各専門スタッフがチームを組んで治療を行なっています。













医療型障害児入所施設(18歳未満)

長期的な療育入院が必要なお子さんたちが、福祉制度を利用して入所しています。入所中は病院としての機能を生かしてリハビリテーションを受けながら、看護師、保育士等の専門スタッフが生活全体にわたり支援を行っています。

入所生活では季節の活動、行事、社会交流などを行っています。

学齢児は、隣接の県立平養護学校(小・中・高等部)に通学し、教育を受けることができます。

療養介護事業所(18歳以上)

18歳以上の重症心身障害の方が契約により利用可能な施設となっております。医療的ケアと共に、利用者個々が、安全・安心な生活を過ごしていただけるように、心を込めたケアで日常生活の援助を行っています。









配置職員






医師 薬剤師 看護師 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 リハ工学士

管理栄養士 放射線技師 臨床検査技師

保育士 児童指導員 介護員 相談員(社会福祉士) 臨床心理士 看護助手 事務職員 調理師 等